MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

おばさん体型になる人とならない人はなぜ? 後ろ姿で分かる5つのサインと予防法

あなたは自分の体型に満足していますか?もしかしたら、年齢よりも老けて見られてしまう「おばさん体型」になっているかもしれません。

おばさん体型とは、猫背や垂れ尻、ぽっこりお腹など、だらしなく見える体型のことです。おばさん体型になると、健康や美容だけでなく、自信や魅力も失ってしまう可能性があります。

そこで今回は、おばさん体型になる人とならない人の違いや、後ろ姿で分かるおばさん体型のサイン、そして予防法についてご紹介します。

目次

おばさん体型とは?原因は何?

おばさん体型とは、猫背や垂れ尻、ぽっこりお腹など、だらしなく見える体型のことです。

おばさん体型になる原因は、女性ホルモンの減少や運動不足、食生活の乱れなどです。おばさん体型になると、健康や美容だけでなく、自信や魅力も失ってしまう可能性があります。

おばさん体型の定義

おばさん体型とは、一般的に以下のような特徴を持つ体型のことを言います。

  •  猫背になっている
  •  お尻や胸が垂れている
  •  胸よりお腹が出ている
  •  太ももや二の腕の肉付きが良い
  •  下半身太りしている
  •  肩周りや腰回りに脂肪がある

これらの特徴は、見た目だけでなく、健康面や心理面にも悪影響を及ぼします。例えば、猫背は血行不良や呼吸障害を引き起こし、垂れ尻は骨盤の歪みや腰痛を招きます。また、ぽっこりお腹は内臓脂肪が多く、生活習慣病のリスクが高まります。さらに、自分の体型にコンプレックスを持つと、自己肯定感が低下し、ストレスやうつ病になりやすくなります。

おばさん体型になる主な原因

では、なぜおばさん体型になってしまうのでしょうか?その主な原因は以下の3つです。

  1.  女性ホルモンの減少
  2.  運動不足
  3.  食生活の乱れ

女性ホルモンの減少は、年齢とともに起こる現象です。女性ホルモンは、皮膚や髪の毛、筋肉や骨などの老化を防ぐ働きがあります。しかし、30代から40代にかけて女性ホルモンの分泌量が減少すると、肌や髪のハリや弾力が失われたり、筋肉量が減って基礎代謝が低下したりします。これにより、脂肪がつきやすくなり、垂れ尻やぽっこりお腹などのおばさん体型に近づいてしまいます。

運動不足は、現代社会の問題です。デスクワークやスマホ・パソコンの利用時間が増えたり、自動車やエレベーターなどの便利さに頼ったりすることで、日常的な運動量が減ってしまいます。運動不足になると、筋肉量が減り、基礎代謝が低下します。また、血行やリンパの流れが悪くなり、むくみや便秘などの原因にもなります。これらのことが、脂肪の蓄積や体型の崩れを招きます。

食生活の乱れは、忙しさやストレスによるものです。時間がないからとファストフードやインスタント食品に頼ったり、ストレスを解消するために甘いものやお酒を摂り過ぎたりすることで、カロリーや糖質、塩分などの摂取量が増えてしまいます。これらの食べ物は、血糖値や血圧を上昇させたり、水分や老廃物の排出を妨げたりします。その結果、内臓脂肪が増えたり、むくみや便秘が起こったりします。また、栄養バランスが偏ると、肌や髪の毛の質も低下します。

おばさん体型になる人の特徴は後ろ姿がヤバイ?

おばさん体型になる人は、前から見るとそれほど変わらなくても、後ろから見ると大きな違いがあります。おばさん体型になる人の後ろ姿には、肩が丸まっていたり、背中に脂肪がついていたり、腰のくびれがなくなっていたりする特徴があります。これらの特徴は、姿勢や筋力の低下、脂肪の蓄積などによって引き起こされます。

おばさん体型になる人の食事や運動の習慣

おばさん体型になる人は、前述したように食事や運動の習慣が乱れていることが多いです。具体的には以下のような傾向があります。

  •  食事は外食やコンビニ弁当などの加工食品が多い
  •  甘いものやお酒を好んで摂る
  •  朝食を抜いたり、夜食を摂ったりする
  •  食事量は多いが栄養バランスは悪い
  •  運動はほとんどしないか、無理なダイエットをする
  •  睡眠時間は不規則で短い

これらの習慣は、体型だけでなく健康にも悪影響を及ぼします。例えば、外食や加工食品は塩分や油分が多く、高血圧や動脈硬化の原因になります。甘いものやお酒は血糖値を上昇させてインスリンの分泌を促し、脂肪が蓄積されやすくなります。朝食を抜くと空腹感が強くなって昼食や夕食で過食になったり、夜食を摂ると消化不良や睡眠障害になったりします。

栄養バランスが悪いと免疫力が低下して風邪や感染症にかかりやすくなったり、肌荒れや抜け毛などの美容面にも影響します。運動不足は筋肉量や基礎代謝を低下させて太りやすくなるだけでなく、骨粗しょう症や心筋梗塞などのリスクも高めます。無理なダイエットはリバウンドを招いたり、栄養不足によって貧血や不妊などの問題になったりします。睡眠時間が不規則で短いと、ホルモンバランスが乱れたり、疲労回復ができなかったりします。

おばさん体型になる人の後ろ姿の特徴

おばさん体型になる人は、前から見るとそれほど変わらなくても、後ろから見ると大きな違いがあります。おばさん体型になる人の後ろ姿には以下のような特徴があります。

  •  肩が丸まっている
  •  背中に脂肪がついている
  •  腰のくびれがなくなっている
  •  お尻が垂れている
  •  足が太くて短く見える

これらの特徴は、姿勢や筋力の低下、脂肪の蓄積などによって引き起こされます。肩が丸まっていると、首や背中の筋肉が凝りやすくなり、頭痛や肩こりなどの原因になります。背中に脂肪がついていると、ブラジャーの食い込みや背中ニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。腰のくびれがなくなっていると、ウエストサイズが増えたり、ヒップラインが崩れたりします。お尻が垂れていると、骨盤の位置や角度が変わり、腰痛や生理痛などの原因になります。足が太くて短く見えると、スタイルが悪く見えたり、靴選びに困ったりします。

後ろ姿美人とはどんな人?

後ろ姿美人とは、おばさん体型とは正反対の特徴を持つ人のことです。後ろ姿美人は以下のような特徴を持ちます。

  •  肩甲骨を寄せて胸を張っている
  •  背中はすっきりしていて筋肉質
  •  腰はくびれていてメリハリがある
  •  お尻は上向きでハリがある
  •  足は細くて長く見える

これらの特徴は、姿勢や筋力の良さ、脂肪の少なさなどによって引き起こされます。肩甲骨を寄せて胸を張っていると、呼吸が深くなり、血行や代謝が良くなります。背中がすっきりしていて筋肉質ということは、基礎代謝が高く、脂肪がつきにくい体質であることを意味します。腰がくびれていてメリハリがあるということは、内臓脂肪が少なく、ウエストサイズやヒップラインも理想的であることを意味します。お尻は上向きでハリがあるということは、骨盤底筋や大殿筋などの筋力が高く、骨盤の位置や角度も正常であることを意味します。足が細くて長く見えるということは、下半身の脂肪が少なく、筋肉が引き締まっていることを意味します。

おばさん体型にならない人の秘訣と対策方法

おばさん体型にならない人は、食事や運動の習慣が整っていることが多いです。おばさん体型にならない人は、自炊や和食などのバランスの良い食事を摂ったり、定期的に有酸素運動や筋トレを行ったりします。これにより、必要な栄養素を摂取し、筋肉量や基礎代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくします。

おばさん体型にならない人の食事や運動の習慣

おばさん体型にならない人は、食事や運動の習慣が整っていることが多いです。具体的には以下のような傾向があります。

  •  食事は自炊や和食などのバランスの良いものが多い
  •  甘いものやお酒は控えめに摂る
  •  朝食は必ず摂り、夜食は摂らない
  •  食事量は適切で、食べ過ぎや食べ足りないことがない
  •  運動は定期的に行い、無理をしない
  •  睡眠時間は規則正しく長めにとる

これらの習慣は、体型だけでなく健康にも良い影響を及ぼします。例えば、自炊や和食は塩分や油分が少なく、野菜や魚などの栄養素が豊富です。甘いものやお酒は血糖値や血圧を上昇させるので、摂り過ぎないように注意します。朝食は一日のエネルギー源となり、夜食は消化不良や睡眠障害を引き起こすので、それぞれ摂るかどうかが重要です。食事量は自分の体重や活動量に合わせて調整し、食べ過ぎると脂肪がつきやすくなり、食べ足りないと栄養不足になります。運動は筋肉量や基礎代謝を高めて太りにくくするだけでなく、血行やリンパの流れを良くしてむくみや便秘を予防します。無理をすると筋肉を傷めたり、リバウンドを招いたりするので、自分のペースで続けられる運動を選びます。睡眠時間はホルモンバランスや免疫力を整えたり、疲労回復したりするために必要です。規則正しく長めにとることで、肌や髪の毛の質も向上します。

おばさん体型にならないためのストレッチや筋トレの方法

おばさん体型にならないためには、食事や運動の習慣だけでなく、ストレッチや筋トレも効果的です。ストレッチや筋トレをすることで、姿勢を改善したり、筋力を高めたり、脂肪を減らしたりすることができます。以下におばさん体型に効果的なストレッチや筋トレの方法を紹介します。

 猫背改善ストレッチ

  •    背中を丸めて頭を下げる
  •    背中を反らせて頭を上げる
  •    これを10回繰り返す

   背中や首の筋肉を伸ばして姿勢を正す効果がある

 垂れ尻改善筋トレ

  •    足を肩幅に開いて立つ
  •    お尻を後ろに突き出しながら膝を曲げてスクワットする
  •    膝がつま先より前に出ないように注意する
  •    お尻をキュッと締めながら元の姿勢に戻る
  •    これを20回繰り返す

   大殿筋や骨盤底筋を鍛えてお尻を上げる効果がある

 ぽっこりお腹改善筋トレ

  •    腹筋ローラーを手に持って四つん這いになる
  •    腹筋ローラーを前に転がしながら体を伸ばす
  •    腹筋に力を入れて腹筋ローラーを引き戻す
  •    これを10回繰り返す

   内臓脂肪や皮下脂肪を減らしてお腹を引き締める効果がある

おばさん体型になると困ることはどんなこと?

おばさん体型になると、健康面でのリスクが高まったり、美容面での悩みが増えたり、心理面での影響も大きくなります。おばさん体型は内臓脂肪や皮下脂肪が多いことを示しており、これらの脂肪は生活習慣病の原因になります。また、おばさん体型は見た目の印象を老けさせたり、不健康に見せたりします。さらに、おばさん体型は自分の体型に対する自信や満足度を低下させます。

健康面でのリスク

おばさん体型になると、健康面でのリスクが高まります。おばさん体型は内臓脂肪や皮下脂肪が多いことを示しており、これらの脂肪は生活習慣病の原因になります。生活習慣病とは、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの病気のことで、心筋梗塞や脳卒中などの重大な合併症を引き起こす可能性があります。また、おばさん体型は姿勢や骨格の歪みも引き起こし、関節や筋肉に負担をかけます。これにより、腰痛や肩こり、ひざ痛などの慢性的な痛みや不快感を感じるようになります。さらに、おばさん体型は呼吸や血液の循環も悪くします。これにより、免疫力が低下して風邪や感染症にかかりやすくなったり、むくみや便秘などの不快な症状が起こったりします。

美容面での悩み

おばさん体型になると、美容面での悩みも増えます。おばさん体型は見た目の印象を老けさせたり、不健康に見せたりします。例えば、垂れた胸やお尻は女性らしさや若さを失わせたり、ぽっこりしたお腹は妊娠していると勘違いされたりします。また、太った二の腕や太ももは服装の選択肢を狭めたり、露出するのが恥ずかしくなったりします。さらに、おばさん体型は肌や髪の毛の質も低下させます。内臓脂肪や皮下脂肪はホルモンバランスを乱し、ニキビやシミ、シワなどの肌トラブルを引き起こします。また、栄養不足や血行不良は髪の毛のハリやコシを失わせ、抜け毛や白髪などの髪の毛トラブルを引き起こします。

心理面での影響

おばさん体型になると、心理面での影響も大きくなります。おばさん体型は自分の体型に対する自信や満足度を低下させます。自分の体型にコンプレックスを持つと、自己肯定感や自尊心が低くなり、ストレスやうつ病になりやすくなります。また、自分の体型に不安や恐怖を感じると、人とのコミュニケーションや社会活動にも支障をきたします。例えば、人前に出るのが嫌になったり、恋愛や結婚に消極的になったりします。さらに、自分の体型に対して否定的な思考や感情を繰り返すと、自己暗示の効果で体型が悪化する可能性もあります。

おばさん体型から抜け出すために必要なことは?

自分の体型と向き合うこと

おばさん体型から抜け出すためには、まず自分の体型と向き合うことが必要です。自分の体型を客観的に見ることで、現状を認識し、改善すべき点を見つけることができます。例えば、鏡や写真で自分の後ろ姿をチェックしたり、体重やウエストサイズなどの数値を測ったりします。また、自分の体型に対する思いや感情を言葉にしたり、書き出したりします。これにより、自分の体型に対するコンプレックスやストレスを解消し、モチベーションを高めることができます。

バランスの良い食事を心がけること

おばさん体型から抜け出すためには、バランスの良い食事を心がけることが必要です。バランスの良い食事とは、野菜や果物、魚や肉、穀物などの主食、乳製品などの副食を適切な量と比率で摂ることです。これにより、必要な栄養素をバランスよく摂取し、健康的な体質を作ることができます。具体的には以下のようなポイントに注意します。

  •  一日三食しっかり摂る
  •  食事は噛んでゆっくり食べる
  •  食事中は水以外の飲み物は控える
  •  食事後は甘いものやお酒は控える
  •  食事は自炊や和食などの低カロリー・高栄養なものを選ぶ
  •  食事は野菜中心で色々な種類を摂る
  •  食事は脂っこいものや塩辛いものは控える

適度な運動を続けること

おばさん体型から抜け出すためには、適度な運動を続けることが必要です。運動することで、筋肉量や基礎代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくすることができます。また、運動することで、血行やリンパの流れを良くしてむくみや便秘を解消することができます。さらに、運動することで、ストレスやうつを軽減し、気分や自信を高めることができます。具体的には以下のようなポイントに注意します。

  •  運動は一日30分以上行う
  •  運動は有酸素運動と筋トレをバランスよく行う
  •  運動は自分の体力や目標に合わせて選ぶ
  •  運動は無理をしないで楽しく行う
  •  運動は食事や睡眠とのバランスを考える

まとめ

おばさん体型から抜け出すためには、自分の体型と向き合い、バランスの良い食事と適度な運動を続けることが大切です。おばさん体型は一朝一夕にできるものではないので、改善するにも時間がかかります。しかし、コツコツと努力を重ねることで、健康的で美しい体型に近づくことができます。

あなたもおばさん体型から抜け出して、後ろ姿美人になってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次