前回、シートマスク保湿NO1を決める検証の結果、7商品の中からダントツの保湿力でNO1に輝いたオルフェス。
前回の記事はこちら
そんな王者オルフェスに戦いを挑んできたのは、SNSで話題NO1のメディヒール!今回、この人気の2商品が、コスパ・使い心地・保湿の3本勝負で戦う頂上決戦を行います!
果たしてどちらが真のシートマスクNO1になるのでしょうか?

その前に、まずは両アイテムのご紹介です!

シートマスク保湿NO1 
王者 オルフェス
プラチナムモイスチャー


自然派オイルの馬油とプラセンタなどの潤い成分を配合した厚手の高保湿シートマスク。辛口レビュー雑誌『LDK the Beauty』でシートマスク部門総合評価1位を獲得し、美容雑誌などでも次々とベストコスメに選ばれている実力派。果たして今回も栄冠は守れるのか??

SNS話題NO1
挑戦者 メディヒール 
NMFアクアリングアンプルマスク


エステや皮膚科医の臨床経験、刺激テストに基づいて企画・開発されたシートマスク。韓国で人気のメディヒールは、高い保湿力はもちろん、肌に吸い付いて落ちないと使い心地の良さに日本でもTwitterをはじめとするSNSで話題に!

それでは、3本勝負スタートです!

一回戦 コスパ 勝負
WIN オルフェス


オルフェスは1枚¥196(税込)に対し、メディヒールは1枚¥350(税込)。約¥100差をつけてオルフェスの方がコスパが良いという結果に!メディヒールは検索すると、並行輸入などの安いサイトも出てきますが、中には類似品も出回っているので、購入時には注意が必要!

※価格は、公式サイトの定価で比較しております。


正規品は、シートとパッケージのシートのイラストにブランド名が入っているので、チェックしてみてくださいね♫

二回戦 使い心地 勝負
WIN オルフェス


使い心地を4つのポイントで集計した結果、2勝0敗2引き分けでオルフェスの勝利!


検証内容


①シートの形状
ーオルフェス : ーメディヒール

オルフェスは保湿したい目尻までシートがフィットしていますが、メディヒールは目元のカットが大きく保湿したい部分があいています。小鼻の法令線が始まるところはメディヒールの方がフィット。顔全体へのフィット感はどちらも吸い付くように密着します。従ってシートの形状は引き分けに!


②シート厚さ&質
●オルフェス : ◯メディヒール

シートの厚さと質は、断然オルフェス!美容液をたっぷり含んでいてもヘタ〜としないしっかりとした厚さと柔らかい質感。オルフェスは高級なシートマスクと同じぐらい品質が良いですね。


③美容液量
●オルフェス : ◯メディヒール

1枚当たりに含まれている美容液は、オルフェス27ml・メディヒール25mlということで、オルフェスの勝ち!


④香 り
ーオルフェス : ーメディヒール

オリフェスは、化粧水などによくある爽やかな香りがほのかにし、メディヒールはザ・韓国コスメの香りが若干強めにします。香りは好みが分かれるということで、引き分けに!

三回戦 保湿力 勝負
WIN オルフェス

そして、最も気になる保湿力。パックを使用する前と後での保湿量を水分チェッカーで計測してみました。

オリフェスは66%UP・メディヒールは46%UPという結果に。さすが保湿力に定評のある両アイテム。どちらも高い数値を出してきました。オルフェスはなんと、99%という水分チェッカー最高値を叩き出し、20%の差をつけてメディヒールを倒しました!!

★☆★☆結果発表☆★☆★
シートマスクNO1
オルフェス


3本勝負の結果は3勝0敗のストレート勝ちで、オルフェス プラチナムモイスチャーがシートマスクNO1に!!強い!本当にオルフェスは強いですね。使用後のしっとりと保湿された肌とシートの形状や使い心地の良さに、私も前回の検証からオルフェスを愛用しています♡メディヒールも話題の商品とあって、フィット感や保湿力は良かったものの、やはり王者オルフェスには及びませんでした。


まだまだ乾燥の続くこの季節。
気になった方は試してみてはいかがでしょう?

オルフェスの詳細はこちら
メディヒールの詳細はこちら