【私はラブ・リーガル】

出典: amazon

『STORY』

常に自分の外見ばかり気にして、自己中で薄っぺらな人生を送っていた美人モデルが、交通事故に遭い死亡してしまう。

まだ死にたくないという執念から、
何の因果か、肥満体型だが頭脳明晰な女性弁護士の肉体に乗り移る。
今までの自分とは間逆の体型に戸惑いながらも、
仕事に恋愛に全力投球する、ハートウォーミングコメディ。

『オススメPOINT』

どんなに見た目が変わっても、
恋愛も仕事も諦めない主人公の前向きさに励まされます。

今までの自分とは違い、自分の内面で勝負していくところとか、

女性も30代に入っていくと、
若さや外見だけでは戦っていけないですし、
中身の素晴らしさで人を惹きつけるって本当に理想☆

主人公が歌も踊りも演技もパワフルで、
法廷シーンでは、心に響く言葉もたくさん。

見ると元気をもらえます☆



【500日サマー】

出典: amazon

『STORY』

運命の恋を信じる男と信じない女が繰り広げる、
ちょっぴりほろ苦くてユニークな恋愛コメディ。
恋愛と友情の間に果てしなく広がるグレーゾーン。
人を好きになるって、どうしてこんなに楽しくて切ないんだろう。誰もがまた恋したくなる、二人の(500)日がはじまる!

『オススメPOINT』

ヒロインのサマーという女性は、
自分の気持ちやその時の感性に忠実に生きて、
一見、男性を自由奔放に振り回しているように見えますが、
実はそうではない。

男性目線ですべて物語が進められているので、
女性でもサマーの心境が読み取りにくいのですが、
2回目に見た時に、サマーの深い意図が分かって、
一気に面白さを感じた映画です。

そして、
草食で奥手男子、もっと恋愛がんばって!と思う作品です笑

サマーのファッションやヘアスタイルが可愛いところも
見ていて飽きません♪

【アリー my Love】

出典: amazon

『STORY』

ボストンの法律事務所で働く女性弁護士アリーが、
恋に仕事に全力投球する生活を描いたコメディドラマ。

自意識過剰気味なアリーの誇大妄想が、
映像で表現されたり、
同僚や友人たちのキャラクターも個性的で、
人間模様がとても楽しい作品。

『オススメPOINT』

アリーは壁にぶちあたって、よくへこんでいることも多い女性。

アリーのセリフの中で、
当時の私にグサっとささり、印象に残っていたセリフ。

毎年誕生日を迎えるたびに、決まってパニックに襲われるんです。その、なんていうのかなあ・・・何もなし遂げてないぞ、って。
こう、自分の人生が空っぽの袋みたいな。(アリー)
出典 第2シリーズ第18話:愛しくて虚しくて

へこんだ状態のアリーにも、
前向きに進んでいくアリーにも
どちらにも共感ができます。

アリーとルームシェアしている親友との女子トークも面白い♪

アリーのクールで誰に対しても媚びない姿勢は、
参考になることが満載です☆


【マダム イン ニューヨーク】

出典: amazon

『STORY』

シャシは、二人の子供と夫のために尽くす、ごく普通の主婦。
彼女の悩みは、家族の中で自分だけ英語ができないこと。
夫や子供たちにからかわれるたびに、傷ついていた。
姪の結婚式の手伝いで一人NYへ旅立つも、英語ができず打ちひしがれてしまう。
そんな彼女の目に飛び込んできたのは「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告。仲間とともに英語を学んでいくうちに、
夫に頼るだけの主婦から、ひとりの人間としての自信を取り戻していく。


『オススメPOINT』

女性は結婚して、旦那さんができて、子どもを持って、
子どもが大きくなるにつれて尊重されなくなったり
旦那さんに相手にされなくなったり、、
1人の人間として見られていない感じがしたり…。

英会話スクールが舞台になっているので、
シャシが英語でスピーチできるまでが描かれていますが、

物語の本質は、
シャシの「愛よりも尊重されたい」と言うセリフから読みとれるように、

1人の人間として、妻として母として尊重すること、
人を思いやる気持ち、
また、いくつになっても、
新しいことに挑戦する大切さを伝えています。

あと、日本人も英語コンプレックスをお持ちの方が多いと思うので
とても勇気をもらえる作品になっていると思います。


まとめ
いかがでしたか☆

私は女性がヒロインものをよく選ぶ理由は、
女性らしい立ち振る舞いや、ファッションなど
ビジュアルからも刺激を受けられて、とても好きなんです☆

悩んでへこんだ時の、
立ち直り方などもとても参考になります☆

週末は、好きなお酒やドリンクを用意して、
ひとつの作品と共にじっくり自分の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか☆