1階 エントランス
赤坂見附駅から歩いて数分で見えてくる、和モダンな建物が新しい「とらや 赤坂店」です。
エントランスを入るとすぐに、店員さんが説明をしてくれます。

出典: https://www.instagram.com/

1階ではオンラインショップで予約した商品を受け取ることも出来るそうです。
とらや菓寮へはエントランスで整理券を受け取ってください(混雑状況はwebでもチェックできます)。

ヒノキ使った千本格子や、自然光が入るデザインが素敵。
季節や時間帯によって違った見え方を楽しめます。

夕方の差し込む日差しがきれい…!

2階 売り場
素敵な階段で2階へ進むと開放的な売り場がありまです(エレベーターもあります)。
お馴染みの羊羹や生菓子、風呂敷などの雑貨も販売されています。

生菓子はラインナップが入れ替わるので、訪れるたびに季節の生菓子を楽しめます。

出典: https://www.toraya-group.co.jp/

リニューアルオープン記念や赤坂店限定の和菓子も!
赤坂店限定の「生姜入焼菓子 残月」がお気に入り♪
生姜のピリッとした味わいがたまらない1品です。

3階 菓寮
3階は菓寮(カフェ)です。
あんみつ、おしるこなどの甘味や、軽食が食べられます。メニューには2階で販売している和菓子も。

店内の御用場(製造場)で作られた出来立て♪

晴れていたのでテラス席へ。
テラスも木のぬくもりを感じる空間。すぐ目の前には、赤坂御用地の緑が広がっているのでなんだかリゾートに来ているみたい…

今年の新栗を使った期間限定の栗蒸羊羹を注文。
ほんのりとした甘さと、蒸し羊羹特有の優しい食感が美味しい!
ドリンクは抹茶グラッセ。冷たい抹茶にお好みでシロップを入れます。
抹茶が苦手な方でも飲みやすいですよ♪

地下1階 ギャラリー
地下にはギャラリーがあります。12月30日まで「とらやの羊羹デザイン展」を開催。
大正7年の「菓子見本帳」に描かれたデザインを展示しています。
その数なんと450点!部屋の壁をぐるっと1周する数に圧倒されます。

どれも洗練された美しいものばかり。デザイン画の下には、元となるモチーフや描写の説明が。
デザインから何が元となっているかを当てるのも楽しいですね♪

羊羹づくりの道具が実際に触れられる展示も!
建築

出典: https://www.toraya-group.co.jp/

設計したのは建築家の内藤廣氏さん。御殿場・とらや工房や、東京ミッドタウン店の設計も手がけた、とらやの空間作りに欠かせない人物です。
美しい建築、季節の和菓子、素敵なカフェ…
心地よい空間で和菓子と過ごす時間は、ちょっとした非日常を味わえます。 公式サイト
和菓子をお家で楽しむ!
買ってきた和菓子を楽しむなら、食器もこだわりたいところ。

出典: http://www.kinto.co.jp/

ザ・和風のお皿もいいですが、少しモダンなテイストの食器なら赤坂店の雰囲気をお家にそのまま持ち帰った気分に♪ KINTO HIBI
休日の赤坂はおすすめ?
赤坂はオフィス街だから休日は静かでまったりするのに最適!

周辺にはおしゃれなお店が…。
「the ARTISAN TABLE・DEAN&DELUCA」は、あのDEAN&DELUCAが手掛ける、旬の食材を楽しめるレストラン。

出典: https://www.artisantable.jp/

女子会のランチやティータイムにもぴったりのお店です!こちらは期間限定のクスミティーカクテル。

the ARTISAN TABLE オフィス街なので土日に営業していないお店も多いから要注意!
事前にチェックしてから行きましょう♪

ノンクレジット写真:筆者撮影