何かと忙しい毎日、効率だけを求めているわけではないけれど、
手になじんで自分好みのものを使えたらとてもハッピーです。


少し時間の余裕が出来たときに「よし、今日は何か作ろう!」と思っても、
使いづらいキッチングッズだとやる気も半減してしまいます。

お野菜とお肉で、まな板を分けたいと思っていても、どっちを使っていたか忘れてしまったり、
間違えて同じ面で両方調理してしまった・・・という後悔をお持ちの方も多いはず。


あくまで一例ですが、そんなことにならないように細かな使い勝手まで考えられた素敵なグッズがあればいいですよね。
困ったポイントを解消できる、“栗原はるみのキッチングッズ”を5種ご紹介します!

いろいろと世の中に便利なキッチングッズや調理器具は溢れていますが、栗原はるみシリーズは秀逸だと思います。
手になじむ、というのが私にはしっくりきています。

自分語りになってしまいましたが、BONNE(ボンヌ)のバイヤーも認めた栗原はるみのキッチングッズをご紹介いたします!

栗原はるみって?

「毎日使う道具だからこそ、大切にしたい」という料理研究家・栗原はるみの想いをかたちにした生活雑貨ブランド
使うのが楽しみになる、台所に立つのが楽しみになるようなキッチンウェア、ツールを中心に展開しています。

使い勝手やお手入れのしやすさにこだわった、“気が利く”食器や鍋・フライパンに代表される調理道具、ウエア、布小物、カトラリーなど、キッチンや食卓を彩るアイテムを多彩にラインナップしています。

BONNE(ボンヌ)でも多数取りそろえておりますので、よければ以下のリンクから確認してみてくださいね。

1.栗原はるみの「丸いまな板」



刻んだ食材を乗せたまま、まな板を回して複数の食材を切ることができるのも、丸い形だからこそ。
抗菌剤を配合し、雑菌が繁殖しにくいから衛生的で安心ですよ。
35cmのものは、重さが約1.15kg となっており少し重く感じますが、その反面まな板が浮いてしまうことがないため、安定して使えます。

このまな板、裏表で色が違うから超便利♡

表裏で色が違うから、色移りしてしまう素材の調理・用途別の調理に最適。
さらに嬉しいことに丸い形だから回転させながら切ることができるんです。これも嬉しいポイント♪

かわいい“しましま”模様のまな板もあります♡



こちらはシートタイプのものとなりますが、ちょっとしたカットの時には大変便利です。
表面だけの抗菌剤配合ではなく、きちんと樹脂に練り込んであるから包丁で傷がついていても効果は続きます。

フルーツを切るときに使ってもいいし、お魚などを切るときにお持ちのまな板の上に載せる使い方もアリです☆

2.栗原はるみの「もてなし鍋・万能鍋」

鍋料理も、炒め物にも使える。軽くて扱いやすいフッ素樹脂加工の両手鍋です。ガス、IHに対応。
1.5kg(27cm鍋)しかないから、ヒヤヒヤしながら鍋を動かす必要はありません!



もてなし鍋のかわいいデザインと色なら、そのまま食卓に出してもOK。
食卓に彩りを添えてくれます。

プレゼントにも最適かもしれません。

もてなし鍋・万能鍋は、オーブンもいける!

ふたをはずしてご利用いただければ、オーブンに入れて調理することも可能。
グラタンを作るときは、鍋で炒めてそのままオーブンに・・・なんてこともできてしまいます。

※万能鍋の場合は、スチームプレートもはずしてください。
※250度以下でご利用ください。

3.自立するステンレスフライパンカバー

しっかり自立するので、調理中の置き場に困る心配もなし。
どんな色の鍋にもマッチする、ステンレス製のフライパンカバーです。
※BONNE(ボンヌ)では、18-22cm、24-26cm、26-30cmの取扱があります!



意外と、鍋のふたを横に置いて料理するの大変じゃないですか?
置きたい場所の下にあるものを一度整理して、片付けて・・・という手間がありますよね。
そんなときこのフライパンカバーは自分で立ってしまうので、本当に場所を気にしなくて済みます。

4.栗原はるみの「ぶどう柄キッチンナイフ」

使い勝手の良さはそのままに、切れ味ぐんとアップしてリニューアルされました!

料理家でもある栗原はるみさんのお気に入り。
ブドウのレリーフを持ち手部分にあしらったキッチンナイフです。

ステンレス鋼を芯材にして、両面をステンレスで挟み込んだ3層構造の複合材。
ハガネの持つ切れ味の良さと、ステンレスならではのお手入れのしやすさを両立させています。

持ち手の凹凸は滑り止めとしても活躍するのですが、刃の部分と境目がないので、汚れが溜まらないのも素敵なポイントです。

5.栗原はるみの何でもこなす万能ターナー

ターナーは意外と奥が深いんですよね。。

硬いものを使うと、サッサッと炒めることができる反面、テフロン加工などの加工面にダメージが蓄積してしまうことも。
ご飯なども、べちゃっと先の方に固まってしまいがち。取るのに手間がかかりますよね。
柔らかい素材だと、熱も心配・・。

栗原はるみの万能ターナーは、すくう・炒める・混ぜるが楽々できるのはもちろんのこと
こういうお悩みをすべて解決してくれています。


・Wエンボス加工で、ご飯などがつきづらい!
・樹脂製なので加工面にやさしい
・180℃の高温にも耐えられる素材


更に嬉しいことに、上の画像(黄色いターナーです!)少し角度がついているのわかりますか?
テーブルなどに置いても、先端部分が浮くから衛生面でも◎

持ち手部分についている鍋をあしらったブランドロゴのワンポイントが輝くターナーです。