出典:weheartit

2018年、今年の解禁日は11月15日に決定しましたね!近年、秋の風物詩となってきたボジョレー・ヌーヴォーですが、今年はなんとヴィンテージ感がより一層高まった、マニアにはたまらないお味になっているそう♪ 今回は今年のボジョレーの評判や、ぴったりなおつまみをご紹介しちゃいます♪

ボジョレー・ヌーヴォーって何?

出典:weheartit

ボジョレーとはフランスのブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区のこと。そしてヌーヴォーはフランス語で『新酒』という意味。ボジョレー・ヌーヴォーとはボジョレー地区で9月頃に、わずか2ヶ月で仕込んだ”若酒”のことで、果実の風味が強いフレッシュな味を楽しむことができるんです。昔は収穫している地域でのみ楽しまれていましたが、この年のブドウの出来栄え、ワインの味の指標となるため、近年注目され始めてきたんです。


2018年のボジョレーの評判は?


今年は春以降良好な気候に恵まれ、非常に期待のできる味に仕上がっているかもとのこと! 味はオイリーで凝縮された味とのことで、品質の高いワインが飲めそうですね ♪


ボジョレー・ヌーボーの美味しい飲み方とは?


出典:weheartit

フレッシュさが特徴のボジョレーは、”少し”冷やして飲むのがオススメ!冷やしすぎるとタンニンの渋みが強調されて飲みにくくなってしまうので、”適度”に冷やすと良いそう。冷蔵庫で1時間ほど冷やして料理と一緒に召し上がってみてくださいね♪

今年のボジョレー・ヌーヴォーに合うおつまみレシピ♡


イチジクのベーコン巻き


出典:cookpad

イチジクの甘さとベーコンの塩辛さがナイスマッチ♪ ワインにもぴったりのオシャかわおつまみ♡

[材料]
・イチジク 6個
・ベーコンスライス(長め) 12枚
・黒こしょう お好み
・ベビーリーフやパセリ(飾り) お好み
■ イチジクの中に入れるもの(お好み)
・バター・蕩けるチーズ・ラー油など 適量

[作り方]
①イチジクは皮を剝いて半分に切る。イチジクに、お好みでバターやチーズをのせたりラー油をかけたりしてベーコンでしっかりと巻く。

②巻き終わったら、中火に温めたフライパンにサラダ油を引いて焼いていく。焼き色がついたらひっくり返して裏面も焼いてね。ベーコンに火が通ればOK!

③器に盛り付けて、お好みで黒こしょうをかけて完成!

詳しいレシピはこちら


牡蛎とほうれん草のおつまみパスタ


出典:cookpad

冬の訪れと共に旬となる、牡蠣とほうれん草を使ったおつまみパスタ!冬の味覚ぎっしりの贅沢さに舌づつみ♪

[材料]
・お好きなパスタ 80g
・ほうれん草 80g
・オリーブオイル 大2
・白ワイン(なければ酒) 大1
・オイスターソース 小1
・にんにく(薄切り) 1かけ
・赤唐辛子(輪切り) 適量
■ A
・牡蛎 100g
・塩麹 小2
■ B仕上げ

オリーブオイル 大2~3
・塩 適量
・こしょう 適量

[作り方]
①Aを用意する。牡蠣に塩(分量外)をまぶして、流水で汚れを落とすようにやさしく洗う。

②キッチンペーパーなどで水気を取り、塩麹をまぶして30分ほどおく。

③ほうれん草は茹でてざくざくと食べやすい長さに切る。フライパンにオリーブオイルを熱してにんにくと赤唐辛子を入れ、香りを出す。

④牡蠣・白ワイン・オイスターソースを入れ、中火で焼く。牡蠣に火が通ったらほうれん草を入れる。

⑤続いて茹でたてのパスタを入れ軽く混ぜあわせて火を止める。味見をして塩・こしょうで味をととのえる。仕上げのオリーブオイルをかけて混ぜ合わせる。

詳しいレシピはこちら


カニカマアヒージョ


出典:cookpad

ワインのお供といえばアヒージョ!お家にある材料でも簡単にできちゃうんですよ♡

[材料]
・カニカマ 60g
・ニンニク 大1片
・オリーブオイル 大さじ4
・麺つゆ(3倍濃縮) 小さじ1/2
・万能ねぎ 2本
・ブラックペッパー 適量
・お好みのパン 適量

[作り方]
①カニカマはほぐしておき、ニンニクはみじん切りにする。万能ねぎは小口切りにする。

②フライパンにオリーブオイル、ニンニク、を入れて中弱火にかけ、ニンニクに火を通す。

③カニカマ、麺つゆ、小口ねぎを加え、1~2分加熱したら、器に盛りつける。

④トーストしたパンを添えたら完成!

詳しいレシピはこちら


枝豆ペペロンチーノ


出典:cookpad

ニンニクの香りがたまらない♪ あると手が伸びちゃう枝豆を洋風にアレンジ!

[材料]
・枝豆 200g
・塩 ひとつまみ
・オリーブオイル 大さじ2杯
☆にんにく(みじん切り) 1片分
☆赤唐辛子(小口切り) 1本分
・白ワイン(酒) 大さじ2杯
・岩塩・黒粒胡椒 適量

[作り方]
①枝豆を流水で洗った後、両端をキッチン鋏等で切り落とし、塩をひとつまみまぶして表面のうぶ毛を擦り落とす

②オリーブオイルを温めたフライパンに☆を入れて炒め、香りが立ったら1を加えて全体に油を回す

③白ワインを回し入れてアルコールを飛ばし、フタをして弱火で焼く4分蒸し焼きする

④フタを外して強火にして水分を飛ばし、岩塩・黒粒胡椒で味を整えて完成!

詳しいレシピはこちら


ボカディージョ


出典:cookpad

スペインのソウルフードとなっているサンドイッチ『ボカディージョ』!パンのサクッと感がたまらない♡

[材料]
・バゲット 1本
・生ハムスライス
・おろしニンニク
・オリーブオイル

[作り方]
①半割りにしたバゲットの片方にオリーブオイル、もう片方におろしニンニクをぬる。

②バゲットを合わせて上からぎゅーっとつぶします。いったん開いて生ハムスライスを挟みます。

③再びバゲットを合わせて上からぎゅーっとつぶせば完成!細めに切って食べるのがおすすめ!

詳しいレシピはこちら


アサリのワイン蒸し


出典:cookpad

ワインのお供にワイン蒸し♪ 究極のワイン好きにぴったりのワインづくしはいかがですか?♪

[材料]
・アサリ 150g
☆白ワイン 大さじ3
☆バター 大さじ1
☆水 大さじ1
☆塩 少々
・あらびき黒胡椒 少々
・パセリ(みじん切り) 少々

[作り方]
①アサリは砂抜きし、殻をこすり合わせて洗う。水気を切る。

②小鍋に☆と①を加えて蓋をし、火にかけ沸騰したら中火にし口が開くまで加熱する。

③器に盛りあらびき黒胡椒を振りパセリを散らして完成!

詳しいレシピはこちら


牡蠣の白ワイン蒸し


出典:cookpad

旬の味覚と色とりどりの野菜で作る簡単おつまみ♪ 飲みながらでも作れちゃうほどなので、急な来客でもOK!

[材料]
・生牡蠣 300g
・ブロッコリー 適量
・プチトマト 適量
・白ワイン 100cc
■ にんにく 塩こしょう

[作り方]
①フライパンにオリーブオイルと潰したにんにくを入れて、オイルににんにくの香りをつける

②汚れをとって洗った牡蠣の水気を拭いて塩胡椒をする。フライパンに牡蠣とプチトマトを入れ、中火で炒める

③フライパンに白ワインを入れて、下ゆでしたブロッコリーを入れて蓋をして中火で3分で完成!

詳しいレシピはこちら

 

\ ワインがもっと美味しくなる、おしゃれアイテムはこちら!! /

JILL STUART ワイングラスペア 340cc

プラチナとラインストーンが美しく輝くワイングラスの2脚セット。ガラスの素材は、光の屈折率が高いカリクリスタルを採用。美しい輝きと透明度が特徴です。パーティなどで、華やかな演出ができることうけあい!

詳細はこちら


レコルト イージーワインオープナー

ワインは好きだけどコルクを抜くのが苦手という方にぴったり。電動スクリューが自動でコルクを抜くため、握力に自信がない女性でもストレスなくワインを開けられます。付属のホイルカッターで瓶のシールを切り取り、次に電動オープナーをボトルにセットしてスイッチオン。スクリューが自動で回転し、コルクを抜き取ります。

詳細はこちら
普段はワインを飲まない人も!美味しいおつまみと一緒に優雅な時間を♪

出典:weheartit

1年に一度のワインのお祭りを楽しまなきゃ年末は始まらない!!初めての人も、毎年心待ちにしている人も、おつまみと一緒に楽しんじゃいましょう♪ フレッシュな風味豊かな今年のボジョレー・ヌーヴォーをぜひお楽しみくださいね♡