マスキングシートで
殺風景な壁やシンク扉をリメイク


賃貸だと本格的なDIYは難しいですよね。それなら、気軽に貼ってイメチェンできる『マスキングシート」でOK!


使用アイテム



mt CASA (エムティーカーサ)
マスキングシート 壁用 白レンガ 3枚パック

気軽に貼ってお部屋をイメチェン。つなげて貼りやすい壁用マスキングシート。

詳細はこちら


mt CASA (エムティーカーサ)
フリース 230mm幅×5m巻 ペイントウッド

一人でも道具なしでサッと貼れる。壁紙に限りなく近いインテリア用装飾テープ

詳細はこちら


試してみました♫


壁 Before


こんな味気ない壁も。。。。。

壁 After


レンガ風のマスキングシートで、雰囲気がだいぶ変わりました♡
正方形のシートの裏紙を剥がし、空気を抜きながら貼っていくだけなので、(少しシワはありますがw)不器用な私でもなんとかキレイに貼れました♫誰でもキレイに仕上がるのは、何度も貼り直しがきくからなんです。

最初、レンガ模様を間違って縦向きに貼ってしまいました><:
全てのシートを剥がし、再度貼り直しするのは難しいかと思いましたが、キレイに剥がせて粘着力も全く落ちてなかったので、問題なく貼り直しに成功!


粘着力が強いので剥がす際は多少力はいりますが、キレイに剥がせます。また、剥がした後の壁も粘着剤のベタつきもないので、賃貸でも安心して使用できます。

さぁ、このままシンクの扉も貼っていきましょう♫

シンク扉 Before


オシャレさが全くないシンクの扉も。。。。。

シンク扉 After


味のあるペイントウッド風に。
う〜ん♫なんかいい感じ♡
ロール状のシートをそのままスーっと貼っていくだけなので、とっても簡単に貼れました!

マスキングシートだけで、殺風景なキッチンがオシャレになり、気分も上がってきました♡

突っ張り棒で
キッチン収納を作る


都内の一人暮らし向きの賃貸って、キッチンが狭くて使いにくい物件が多かったりしますよね。私のお家もそれが一番の悩み。そこで「突っ張り棒式の収納アイテム」を使って、空間を利用した収納棚を作ってみました!


使用アイテム



SPLUCE (スプルース)
スリムポールラック メッシュset M

キッチンの壁面を有効活用。食器も入るバスケット付きのキッチンラック(Mサイズ)

詳細はこちら


SPLUCE(スプルース)
メッシュトレイM(専用オプションパーツ)

『SPLUCE(スプルース)』専用。水切りもできるメッシュトレイ

詳細はこちら


試してみました♫


棚 Before


IHの周りに乱雑に置くだけでしたが。

棚 After


おおおおー!スッキリ〜♫
IH周りも広くなり、使い勝手も良さそう!!
こんな狭い空間でも棚ができちゃいました。

組み立てはパーツを合わせるだけなので、工具は不要。突っ張り棒式なので、固定もしっかりされて、ぐらつきも全くありません。

スリムタイプなのに、奥行きもあるのでスパイス類を、2列で並べることも!


棚下に、100均のフックをかけて、調理器具を吊るしたり♫

布巾や鍋つかみを棚の両サイドにクリップで止めたりと工夫次第で更に便利に!激狭キッチンはもちろん、広いキッチンであれば、同じ棚を何個か組み合わせて、空間を収納スペースにしてみるのもいいかもですね。早く買えばよかったと思うぐらいお気に入りになりました♡

マジックシートフックで
落ちないスポンジ置きを


吸盤タイプのスポンジ置きって便利ですが、使っているうちに吸盤が弱まって落ちたり、かわいいのがなかったり。。。
そこで、水に強く落ちにくい人気の「マジックシートフック」を使ってみました。


使用アイテム



PALAS & DECORE (パラデック)
マジックシートフック ワイドホルダー

まな板やスポンジ、タブレットを置くのにぴったり。水に強く剥がれにくいシートフック

詳細はこちら


試してみました♫


スポンジ置き Before


直置きで衛生的にも不衛生。。。

スポンジ置き After


ピタッとシンプルに収まりました!


設置もシンプル!裏のシールをはがして先にシートを貼り30分待ってから、黒のフックを付けるだけ。耐荷重は500gまでOK。夜中にガタン!と落ちてびっくりすることもなさそうですw

100均アイテムで
オリジナルのれんを作ろう


リメイクして見た目も良くなったけど、お部屋と生活感のあるキッチンとの間に仕切りが欲しい。ということで、「100均アイテム」でオリジナルのれんを作ってみました♫


使用アイテム



DAISO(ダイソー)
のれん×4/のれん用ツッパリ棒×1/フック×1/布用ボンド×1


試してみました♫


のれん Before


冷蔵庫にもマスキングシートを貼って、統一感が出たのはいいけど、仕切りは欲しい。

のれん After


ツッパリ棒にのれんをかけるだけで、
生活感を完全シャットアウト♫


作り方は、のれん1枚だと丈が足りないので、2枚を布用ボンドで貼り、同じものをもう1組作ります。あとは、フックをつけ、ツッパリ棒を設置し掛けるだけ♫¥700でオリジナルのれんの完成です。

他にも、オイルボトルやスパイスボトル、調味料入れや洗剤入れも100均で揃います。ラベルシールはダイソーとセリアで購入。容器を変えるだけでオシャレになりますよね♫

少しの工夫で快適キッチン


賃貸&激狭の悪条件でも、総額約1万円で、料理をするのが楽しくなる快適なキッチンが完成しました。年末にかけての大掃除。どうせならリメイクも一緒にしてみてはいかがでしょう。