えっ!?電気ケトルでそこまでしちゃう?

コンセントを繋ぐだけでお湯を簡単に沸かすことのできる電気ケトル。近年では、ゆで卵やパスタ、しゃぶしゃぶまでもを、電気ケトルで調理する人が増え話題となりましたが、吹きこぼれによる故障や火傷の危険性があると、電気ケトルのメーカーが注意喚起を促しました。

しかしながら、スペース的に複数の調理家電を置くのが困難なキッチンともなれば、使えるものはアイディア次第で利用したくなるのもわからなくもない。

電気ケトル×卓上鍋
「シロカ おりょうりケトルちょいなべ」

ならば、電気ケトルとしてお湯も沸かせて、卓上鍋として調理もできる!そんな一石二鳥の調理家電はないのか?と密かに思っていた時、テレビ番組「有吉ゼミ」の最新家電を紹介するコーナーで、まさにドンピシャの商品が!!

そして即買いした湯沸かしから調理まで小鍋感覚で大活躍する新発想の電気ケトル「シロカ おりょうりケトルちょいなべ」。電気ケトルとも卓上鍋とも言えぬ、なんともスタイリッシュなフォルムが印象的。

ケトルとヒーター部を分離させることで丸洗いができ、いつでも清潔な状態で使用できる画期的な調理家電なのだ。

まずは、電気ケトルとして使ってみた


お水を適量入れ蓋を閉める。

蓋の中央にあるボタンを押すとロックがオンになり、横に傾けても蓋が落ちない仕組みに!

本体中央にあるつまみで40~100℃と無段階温度調節が可能。

設定した温度に達するとピーッとブザーでお知らせ!さらに「OFF」の上のランプが赤から緑に変わり、自動的に保温へ切り替わるので、ほったらかしでもOK♪

通常の電気ケトルより横幅は広めの本体だが、軽量なので軽々と注ぐことができる。お好みの温度で1000mlまでお湯が沸かせるとあって、電気ケトルとしての機能は申し分はない。

次に、卓上鍋として使ってみた


続いて、ズボラ飯の定番であるインスタントラーメンを作ってみた。

ケトルの内側にはメモリがついているので、水を軽量カップで計らなくても良いのは便利。

お湯が沸騰したら、あとは蓋は使用せず材料を全て入れ、たまに混ぜながら待つのみ!

スタイリッシュなデザインのお陰で、ズボラ飯でありながらも罪悪感を感じないこのスタイル、助かります!

1人前としてはもちろん、2人前にもぴったりのサイズ。テーブルに置いても場所を取らないのも嬉しいポイント。暑い日でも、無性に食べたくなる辛いチゲ鍋など、一年中フルに活躍してくれそう。

火加減の難しいチーズフォンデュも、温度調整レバーで食べ頃温度をキープ!

他にも付属のQRコードを読み込んで、さまざまなレシピを手持ちの端末で見れるのもありがたい。

余ったら、冷蔵庫にケトルごと入れて、保存することも可能♪

使用後はケトルを丸洗い♪フッ素加工を施したアルミ製なのでニオイもつきにくい!

ケトル裏側には金属がなく錆の心配もいらないので、気にせず洗えるのも◎。

「シロカ おりょうりケトルちょいなべ」
絶対に買いの優秀家電


電気ケトルとしてお湯も沸かせて、卓上鍋として調理もできる「シロカ おりょうりケトルちょいなべ」。使ってみて納得!毎日大活躍してくれる一石二鳥の優秀家電でした。
おりょうりケトル ちょいなべ