「レジ袋の有料化っていつから?」「コンビニやドラックストアも有料に?」など⋯⋯、気になるレジ袋有料化についての疑問を解決!さらに、100均や人気ブランドのおしゃれで便利なエコバッグや、30秒に1コ売れている今話題のエコバッグもご紹介♪

レジ袋有料化とは?

・レジ袋有料化はいつから?
今年の7月1日から日本国内のすべてのお店で、レジ袋の有料化が義務付けられる方針が政府の検討会で固まりました。レジ袋の有料化は、世界的にはかなり進んでいて、日本は遅い方だとされています。おそらく、多くの外国人観光客が訪れる東京オリンピック・パラリンピックの開催までには実施したいという意図で、7月開始となったようです。

・レジ袋を有料化する目的とは?
レジ袋を廃棄する際に発生する汚染問題や、焼却処分による地球温暖化などが理由です。国民一人あたりのプラスチック製のゴミの量が、世界2位とされている日本。使用率が高い上有料化の取り組みが遅いと批判されていた日本がようやく動き出したのです。レジ袋の有料化は、地球を守るためには必要な取り組みなのです。

・有料化対象店とは?
原則には、デパート・スーパーはもちろん、コンビニ・ドラックストア・パン屋を含むテイクアウト店など、全てのお店が対象となります。しかし中には、クリーニング店など対象外のお店もあります。基準としては、商品を包むレジ袋は有料で、サービスの提供に伴うレジ袋は対象外となります。また、植物などを原料とするバイオマスプラスチックを25%以上配合した袋や海洋生分解性プラスチックの袋、スポーツ店などに使用している紐付きの袋なども対象外とされています。しかし、対象外のお店にも自主的に有料化を呼びかける動きもあるので、基本は、すべてのお店でレジ袋が有料!だと思っておいた方が良さそうです。

・有料レジ袋の価格
レジ袋の価格は各お店で決定しますが、一枚あたり2円〜5円あたりだとされています。また、ユニクロやGUなどでは、レジ袋から紙袋へ切り替え、一枚10円の有料化に既に取り組んでいるそうです。

エコバッグの準備はいかがですか?

出典:BONNE

7月からとはいえ、既に有料化が始まっているお店は多く見られます。今まで持参する習慣がなかった方も、これからは必要となるエコバッグ。そこで、ここからはおしゃれで便利なエコバッグをいくつかご紹介していきたいと思います♪

低コスト派に!100均エコバッグ

「なるべく安いエコバッグが欲しい」そんな方には100均のエコバッグがおすすめ♪キャンドゥのSサイズのエコバッグは、500mlのペッドボトルが4本入り、収納時は小さくたためます。100円でありながらもおしゃれなデザインなので「ちょっとコンビニまで♪」に便利なエコバッグです。

おしゃれさんに♡ブランドエコバッグ

おしゃれエコバッグといえば『DEAN & DELUCA』。ブラックやナチュラルの定番はもちろん、ハワイ限定のハイビスカス柄も人気♪使用時や収納時に見える『DEAN & DELUCA』のロゴが可愛いエコバッグです♪

使いやすさNO1!便利なエコバッグ

amazonエコバッグ売上ランキング1位、あの辛口雑誌LDKの折りたたみエコバッグランキング1位、今もっとも注目のエコバッグ『Shupatto (シュパット)』

出典:BONNE

その名の通り“シュパッ”と一瞬でコンパクトにたためるエコバッグ!両端を引っ張るだけでたたみやすい形状になるので、あとはくるくると丸めてボタンでとめるだけ♪

出典:BONNE

中身が見えにくく、耐久性もバッチリ♪マチもしっかりとあるので、たっぷり荷物を入れられます。Lサイズはレジかごにそのままインできるので、会計後詰める作業も必要ありません♪

デザインやサイズもたくさん揃っているので、様々なシーンで大活躍すること間違いなし!今や30秒に1コ売れている大人気の『Shupatto (シュパット)』で、快適ショッピングを楽しみませんか?

30秒に1コ売れている!話題のエコバッグ

30秒に1コ売れている!話題のエコバッグ