見えないクローゼットの中はあえて「見せる収納」が便利。衣替えや大掃除…、散らかりがちなクローゼットの中をすっきりと見せてくれるだけではなく、使いやすく&取り出しやすくしてくれる“お役立ち収納アイテム”を紹介します♪

それはもう“開かずの扉”

冷え込む気温に、そろそろ厚手のコートを取り出さないと。ストールと、去年使ってたファー付きのバッグもあったよね。

そうそう。
コタツも取り出して…

なんて、クローゼットの中を探す機会も多いこの頃――

ふと、気付くクローゼットの惨劇。
(※写真はイメージです)

適当に置かれた複数のバッグ。買ったまま箱に入れっぱなしのブーツ。奥にあるコタツを無理に取り出したせいで、崩れかけてる衣装ケース。見ないふりして扉を閉めてしまいたいけれど、今度は開けたくなくなる。

来客から見えなければいい?
そんなことありません。

本当は開けるたびに
「今日はどんなコーデをしよう」
そんな風にワクワクするクローゼットが理想。

だからこそ、活用したいのが“見せる収納”。見せないためのクローゼットなのに、見せるの?なんて思うかもしれませんが、クローゼットの中は“取り出しやすさ”が重要。まずは定位置を決めてあげて、かつ、見やすくする。それだけでクローゼット中がすっきりとします。

“サイズ違いバッグ”は立てて収納

▼YAMAZAKI (ヤマザキ)
「バッグ収納スタンド(2個組)」

クローゼットがごちゃついて見える原因になりやすいのが“バッグ”。キレイに置こうとすると場所を取るし、重ねてしまうと型崩れしやすい。それぞれサイズが違うのも散らかって見える要因。

そんなバッグはスタンドを使って立てて収納しちゃおう!クローゼットの中をすっきり見せるアイテムは他にもあるけれど、どれか1つだけと言われたら私はこれが欲しい。クローゼットの中をきちんと見せるだけではなく、取り出す動作もスムーズ。

どこにどのバッグがあるか、
一目で判るのもうれしいですよね。

何よりお気に入りのバッグがずらっと並んでるだけでテンションが上がる。今日はどのバッグにしようと選ぶだけでも楽しい♪

台座2枚と仕切り板8枚を組み合わせて使うので、離して置くことも可能。クローゼットの中がいつも散らかってるって人は、バッグだけでも定位置を決めてあげればかなりすっきりしますよ。

“場所を取るシューズ”は重ねて収納

▼like-it (ライクイット)
「シュースペースセーバー(6個入り)」

場所を取るシューズは重ねてしまえばOK。
収納量を単純に2倍にするだけではなく、整然と並べるだけで不思議とキレイに見えます。ちなみに、箱に入れっぱなしは一番ダメですよ!結局履かないまま…なんてことにも。

このタイプのアイテムは市場に色々ありますが、これをおすすめしたい理由は…

靴の高さに合わせて、
角度を3段階で調節できるから。

特にショートブーツやハイカットスニーカー、ハイヒール…。他の靴はキレイに収納したのに、一部だけ飛び出してしまっているのは気になりますよね。それらをまるっとカバーしちゃいます!

ストッパーが付いてるので、角度があってもずれ落ちたりしません。1個あたり350円弱だから、お手頃なのもうれしいところです。

“散らかる小物”はポール収納

▼like-it (ライクイット)
「引っ掛けて使えるハンギングクリップ」

最近は当たり前になってきたエコバッグや、ハンガーを使うまでもない小物。そういうのを適当に収納するのが、ごちゃつきの第一歩。とはいえ、BOXに隠してしまうとどこに行ったのか判らなくなるし、いざ使いたいときにサッと手に取れないのは不便ですよね。

そこで、使いたいのがこれ。

ポールに吊せるタイプのクリップは、ありそうでなかったアイテム。お値段も2個セットで550円とお手頃なので、複数揃えてもいい♪クローゼットのポールにいくつかぶら下げておくだけで、収納がはかどります。

もちろん、クローゼット以外でも。

たとえば料理中のゴミ袋…。
こんな風にぶら下げれば、いちいちゴミ箱に捨てなくてすみますよね。時短にもなるし、作業スペースを広く確保できるのが何よりもうれしい。

しかも、耐荷重は…なんと1㎏!

水に強い素材なので、洗濯物を干すときやバスルームでの使用、開けっぱなしのお菓子やシリアルを仮止めするときなど、持っていて損はないアイテムです。

“重たい荷物”は台車収納

▼COLLEND (コレンド)
「家の中で使える小さな台車」

クローゼットの中の衣類ケースやダンボール。あとは使わない家電なんかも。使いたいのに奥にあって諦めたとか、移動したいけれど重くて諦めたとか、そんな経験ありますよね?

見えてるんですよね、奥に。
でも手前の荷物が重いんですよ!

面倒くさがりな私にぴったりなアイテム、それが家の中で使える台車。
台車って聞くと宅急便の人がゴロゴロ運んでるイメージもありますが、これはコロコロって感じかな。持ち手もないのでとにかく手軽で、女性でも簡単に扱えます。複数を連結できるので、クローゼットにしまいっぱなしの大きな荷物だって軽々。

手前を掴んで引き出せば、奥の荷物だって簡単。
個人的に推したいポイントは、これがあるだけで毎日の掃除がすっごくラクになること。お掃除しにくいクローゼットの中には特に使いたいアイテムです♪

“見せたくない物”はBOX収納

▼TRUNKSTORY (トランクストーリー)
「トランクストーリー」

子供の玩具やケア用品などの纏めておきたいもの、季節外れの衣類にゲーム類やガジェットなどの細かい物。それらは迷わずストレージボックスにIN。

さらにおしゃれなボックスなら、
気分も上がるし、見た目だってずっとキレイ。

まるで本物のトランクのような収納ケースはインテリア性の高さも抜群。クローゼットはもちろん、様々なテイストの空間になじみます。

本物のトランクのようにハンドルが付いているので、気軽に持ち運べるのも使いやすいポイント。使いたいときに出して、使わないときは収納ケースごとクローゼットへ。クローゼットのなかはもちろん、お部屋もすっきり見せてくれます。

ちなみに。
中身の見えにくいボックスにはラベリングがおすすめ。

▼TEPRA (テプラ)
「ラベルプリンター テプラ PRO」

無機質だったり、可愛くなかったりするラベルライターって、しばらくすると使いたくなくなりますが、これなら積極的に使いたくなります。デイリー使いするものだからこそ、デザインは大切。身近に置いておきたいもので揃えましょう。

スマホで簡単に作れちゃうのもいいですよね!

“ダンボール”はまとめて収納

▼tower (タワー)
「ダンボールストッカー」

最後は、誰もが置き場所に困る…

そう、ダンボール。

メルカリなどの発送に使うし、そもそも家電のダンボールはあんまり捨てたくない。クローゼットの中に押し込めたけど、扉を開けるたびに崩れてくる。そんなダンボールをコンパクトに纏めてくれるストッカーは、シンプルな作りなのにお役立ち。

ここが私の一押しポイント!

「やっぱり断捨離しよう」なんてときは、下から紐を通して纏めて捨てることもできるんです。サイズ違いのダンボールを一気に持つのって女性なら特に難しいですよね。1つ落としてしまうと、次々と全部ずり落ちてしまう…なんてことも。

キャスターが付いているので移動も簡単。
クローゼットの中に隠さずに、堂々と使いやすい場所に置いておくのもいいかも♪

年末の大掃除に向けて…

来年こそキレイなクローゼットにしたい人は、今から少しずつ集めていくのがおすすめ。今からコツコツと使いやすくしていくのもいいし、年末に纏めて作業するのもいい。気になるアイテムからぜひ揃えてください♪