large2

http://weheartit.com/

先週も地震がありました。そのとき、みなさんはどこにいましたか?自宅、会社、電車?どこに誰といたとしても、不安はつきものです。しかし、不安がっているだけではだめなんです。できる防災対策をしていざというときに備えましょう。


備えておきたい基本のアイテム


最低限備えておきたいグッズをご紹介。100均で買うも良し、セットになっているものを買うもよし。備えあれば憂いなしです!

cp_110819_img03

http://www.muji.net/

■水

清潔な水は飲料水としてはもちろんのこと、衛生面でも必要になる場合があります。

■非常食

カロリーメイトやダイズバーが便利ですが、水がない場合は口の中の水分が奪われてしまうので、ウィーダーインゼリーなどゼリータイプのものが◎。

■ラジオ

4934761378794_400

http://www.muji.net/

スマートフォンをラジオ代わりに使う人も多いですが、携帯電話は大切な伝達手段なので極力使わないようにしましょう。

■イヤホン

ラジオを普通にイヤホンなしで聞くと消費電力が大きくなります。

■携帯充電器

最近の震災でも大いに活躍したのがスマートフォンや携帯電話のブログやアプリ。しかし、通電が途絶えた状況では充電ができないので、ソーラー式を用意しましょう。

■懐中電灯

bunt05

http://www.landport.co.jp/

ソーラー充電式であれば電池切れの心配も要りません。また、LEDは消費電力も少ないので一度の充電で十分に使えます。

■笛

41vrt-M4BhL

http://www.amazon.co.jp/

建物の中に閉じ込められて助けを呼ぶ際に必須です。

■雨合羽

雨対策だけでなく防寒対策にも使えます。

■簡易トイレシート

とくに衛生面が非常に悪くなりますので、少しでも衛生的にすごす事が大切です。


女性ならプラスαもマストです


女性だからこそ必要なものもありますよ。ただし、一番大事なのは、緊急時に自分で持ち運びできること。持てる重さを考え、自分なりの防災バッグを備えましょう。

large3

http://weheartit.com/

■生理用品

東日本大震災の避難所では、物資の配給時に必要とする理由を述べて1枚ずつ手渡しの所もあったとか。一周期分は用意したいところ。

■使い捨て下着

エステなどで使っている紙ショーツのこと。被災直後は十分な水を確保できないことが多く、下着を洗うこともままならない上、実際に干す場合も困ります。

■汗ふきシート

お風呂に入れない日が続くと、べたつきや臭いを不快に感じ大きなストレスになります。ウェットティッシュでもいいですが、デオドラント効果もあるので汗ふきシートの方がベター。

■ドライシャンプー

doraimi_115g_he_2

https://www.lushjapan.com/

頭皮の不快感を無くしてくれるので、子供や女性には助かります。ちょっとした洗濯にも使えます。

■スキンケア用品

避難物資の中に薬用石鹸はあっても、洗顔専用の石鹸はすぐには手に入らなかったようです。洗顔料やオールインワンクリームなどを準備して、簡単なスキンケアはできるようにしておきたいですね。試供品でも◎。

■マウスウォッシュ、歯磨きガム

通常の歯磨きは水を使うので、歯磨きガムや、ミニサイズのマウスウォッシュなどがあると、スッキリして気分も良くなります。

■靴下

ゴザやシーツの上に雑魚寝を余儀なくされる場合も多く、足元の冷えが全身の体温をより奪っていきます。

■帽子

防寒や熱中症対策、危険物から頭部を保護したりと帽子はあった方が安心です。

■折りたたみシューズ

139818-0102

http://image.rakuten.co.jp/

普段ヒールを履く女性は災害時にすぐに履き替えられるよう、バッグの中に入れておいたり、仕事場に置いておくといいでしょう。

■多機能ナイフ

8899924590622_SAK_1_6795__S3_76729_eps_1

http://www.victorinox.com/

ハサミ・ミニナイフ、爪きり、耳掻き、栓抜き、缶切などが付いている十徳ナイフタイプを。

■護身用防犯スプレー

20141231_baf22a

http://www.jutte.jp/

災害時には治安が悪化する上に、最近の震災で残念ながら心ない暴漢者もいたと聞きます。

■スウェット

暴漢者から身を守るためにも、薄手の服装や露出は避けましょう。

■サプリメント

最近の避難所生活において栄養バランスの偏りが指摘され問題となりました。十分な食料が配給されるまではせめてサプリメントで栄養を補充しておきたいところ。

★女性のための防災セット

img1

https://bonnestore.com/

キャリータイプやリュックにもなる4way仕様な上に、女性ならではの必需品を含む35点を厳選して網羅しています。


実はあると重宝するアイテム


■手ぬぐい

洗って何度でも繰り返し使え、吸湿性が高く軽い。裂きやすい特性から、なにかあったときは包帯にして止血したり、長くつないでロープにすることも。

■ヘアゴム

邪魔な髪をしばるだけでなく、止血にも使えます。

■レジャーシート

物が散乱したり窓ガラスが割れてしまい汚れてしまった家の中で座るとき、避難所で自分の場所を確保するとき、 避難所などの床がひんやり冷たいとき、急な雨に降られ手元に傘がないときなどに活躍

003

http://www.toughket.com/

■サランラップ

食器にかぶせて使い終わったら捨てたり、衣服の上から巻くと冷気を遮断し寒さを緩和したり、出血の際の応急処置や、割れた窓をふさぐなど用途は多種多様。

■ストール

防寒や紫外線対策だけでなく、着替えやトイレの際に身体を隠すことにも使えます。

■ガムテープ

服が破けた、ダンボールをつなげたい、怪我をしたなどの際役立ちます。

■割り箸

食事に使うだけでなく、怪我の添え木や、土を掘ったり、色々な用途で使えます。

■ビニール袋(厚手◎)

大判のものなら首部分に穴を開ければ即席レインコートに。キッチンで使うようなサイズのものは、少量の水で下着などを洗濯するのに。


いざというときのために


superthumb111WGX5W

http://weheartit.com/

地震はいつ起こるかわかりません。自分、家族、守りたい者を守るには準備をしなければいけません。自分に必要なアイテムを吟味して、自分たちを守るための防災バッグを用意しましょう!