ポチャさんのダラダラ食い、遅刻魔さんの
時間ギリギリ行動、万年ボンビーさんのムダ買い。

実はこれらすべて、生活の悪習慣によるもの。
習慣を変えたいなら、まずは空間を変えるべし!
ということで、ダメ子な自分にサヨナラするための、
おしゃれ収納ポイントをご紹介!

暮らしやすい空間が、あなたを変えます。

コレさえ守ればだいたいOK!
収納のポイント2つ
どこから手を付けたらいいのか分からないほど
重症な場合でも、このポイントを軸に取り掛かれば、
不思議と生活がスムーズに。

<1.よく使うモノは出しやすく>

出典: https://www.pinterest.jp

キッチンなら、おたまや布巾、基本調味料などなど。
濡れた手でもサッと取り出せるところに配置すれば、
料理や後片付けが圧倒的にラクチン。
「ここにしまおう」という意識も強くなり、
キレイが長続きします。

出典: http://roomclip.jp

トイレットペーパーも、
「見せる収納」なら1秒で手に取れる。

墨子さん(@sumiko_monotone)がシェアした投稿 -

ストック類は、
吊り棚の高い位置や
引き出しの最奥に。
取っ手付の100均カゴや
キャスター付きトレイを使えば、補充もしやすい。

Lisaさん(@lisa_s_f)がシェアした投稿 -

洋服やフライパンなど、
自立しない or かさばるモノたちは、
なるべく「縦」に収納した方が
探しやすい&取り出しやすくて時短なんです。

出典: http://roomclip.jp

衣類ケースにピッチリ収まった仕切りボックスや、
引き出し式収納にカッチリ並んだファイルボックスは
たくさんのモノをムダなく収納するための
便利なアイテム。

できるだけ、しまいたい場所やモノに
ジャストサイズの箱を探しましょう。

紙ダンボールの数十倍の耐久性を誇る
「プラダン」素材を使って、
手作りしちゃうのもアリ!
プラダンは、100均やホームセンターなどで
手に入ります。

DIYはちょっと…、という方は
『プラダンファクトリー』で
1個からオーダーメイドもできますよ。 プラダンファクトリー 公式HPはこちらから

出典: https://weheartit.com

目指せ!シンデレラフィット!

<2.デッドスペースを制すべし>

家具の微妙な隙間や、高さのある戸棚の上部。
ココを利用しない手はない!
コの字ラックを置けば、上までムダなく。
究極にシンプルな、賢いアイテム。

出典: https://bonnestore.com

洗濯機の上部も、有効活用したい場所。
BONNEでも取り扱っている『tower』の
『立て掛けランドリーシェルフ』なら、
洋服のチョイ掛けもできちゃいます。 立て掛けランドリーシェルフ をCHECK

出典: https://www.wakaisangyo.co.jp

壁だって立派な(?)デッドスペース。
天井と床を2×4材で突っ張るディアウォールは、
壁面収納の可能性を無限に広げてくれる優れもの。
穴を開けないから賃貸にもおすすめ!

やっとできた絵本棚。 #絵本棚 #絵本棚diy #ディアウォール

Atsuhiko Tsurutaさん(@atsuhiko)がシェアした投稿 -

ディアウォール 公式HPはこちらから
あっという間にフォトジェニック!
今っぽいおしゃれを気取るコツ3つ
センスなし、時間なしでも大丈夫。
旬感のあるおしゃれ空間は、
意外と簡単&リーズナブルに演出できます。

収納まわりが華やかになると、
お片付けへのテンションもますますUP!
意外とハマっちゃうかも!?

<1.とりあえずホワイトで統一>

「色の白いは七難隠す」は、
インテリアにも言えることが判明。
この普遍の清潔感は無敵です。
迷ったら白!徹底して白!
ポイントは、なるべく他の色を入れないこと。
(黒やグレー、シルバーなどのモノトーン色なら可)
それだけで、圧巻の美しさです。

<2.とりあえず詰め替える>

洗剤やソープ、調味料にジッパー付保存袋など、
生活感丸出しのパッケージに入っているモノは、
白やクリアの容器に詰め替えるのが鉄則。
このひと手間で、空間が一気にアカぬけます。

ラベルシール作り #連休最後の夜 #ラベルシール #手作り

Chi Moさん(@popo.chihi)がシェアした投稿 -

ラベルシールもデザインのひとつ。

市販のシールを利用するもよし、
リネンテープやマステ+スタンプで、オリジナルの
ラベルを作るもよし。
パソコンを使えば、より本格的な仕上がりが
楽しめます。

<3.とりあえずグリーンを投入>

出典: https://weheartit.com

目にも鮮やかな緑は、取り入れるだけで
空間がみずみずしく輝きだすマテリアル。

虫の発生などが気になる場合は、
土を使用しない壁掛けグリーンなんていかが?

出典: https://www.muji.net

『無印良品』の
「壁にかけられる観葉植物」シリーズは、
パフカルというスポンジ状の保水素材を使用。
水を含んでも、重さは土の半分以下、
また有機物ではないため、虫も付きにくいんです。 無印良品 特集ページはこちらから
100均のフェイクグリーンなら、
たっぷりまとわせることも。
一見そうとは分からないクオリティだから、
大胆にデコれます。
少しずつ、徐々に取り入れていけばOK!
何となくあるモノが、生活の妨げになっていないか。
何がどこにあれば、よりスムーズに動けるか。

こうしたことを毎日の中で考えながら、
「自分が一番心地良く過ごせる収納」を
じっくり、ゆっくり作っていきましょう。

気づけばきっと、
今よりもっと充実した日々が訪れますよ!