食べ物やコスメはオーガニック派!でも、生理用品まで徹底している方は少ないかも。とはいえ、デリケートな素肌にふれるアイテムこそ、ピュアなものを選ぶべき。で、使ってみました!ポリマー不使用、100%オーガニックコットンの国産ナプキン『シシフィーユ』。その使用感はいかに?

出典:weheartit

結論から言います。
意味、ありまくりです!

むしろ一度使えば、
「ナプキンこそオーガニックコットンじゃなきゃ
イヤだ!」
という意識に変わるかもしれません。

理由は単純、とにかく快適だから。

ジャンクフード大好き、いまだシリコンたっぷりの
安いシャンプー&コンディショナーを愛用している
私を、使った瞬間からとりこにしたシシフィーユ

細かい説明はさておき、カラダが「これだ!」と
みずから選んだ感覚でした。

今回試したのは、
サニタリーパッド 21cm ふつうの日用
23.5cm 多い日用(羽つき)
29cm 特に多い日用(羽つき)
パンティーライナーの4点。

一見するとフェイシャルコットンのような、
シンプルなピンク色のボックスがいい感じです!
こんな素敵なデザインなら、
わざわざ紙袋に入れてもらう必要もないですよね。

羽なしタイプのふつうの日用のみ、
ミシン目をやぶいて開ける、昔ながらの個包装。
それ以外は、よくある
三つ折りされたパッケージでした。

トップシートを手でさわってみると、
適度な厚みがあってふっくら

なんだか、薄い座布団のような印象です。

 

┏………………………………………………┓
 ブルーデイ初日:経血量●●○○○
┗………………………………………………┛

最初に使用したのは、21cm ふつうの日用。
羽なしのタイプです。

出典:sisiFILLE公式

出典:sisiFILLE公式

これまで、薄いスリムナプキンを愛用していた私。
ごわつきが気になりそうでやや不安でしたが、
付けてみての感想は、「…超ふわっふわ」

懸念していたごわつき感は一切なく、
まるで質のいいクッションに座っているよう
経血を吸収した後も表面サラサラ
なのに中はふっくらと、とにかく肌が気持ちいい!

この感覚、たとえるなら、
お風呂上がりの全裸で、清潔な羽毛布団に
バフン!とダイブする
あの心地よさに近いんだと思います。
(え、やったことないですか?)

出典:weheartit

ちなみに、若干テープの粘着性が
弱いような気もしましたが、
ずれたりモレたりということはありませんでした。
むしろ下着を傷める心配がないので、
ちょうどよかったのかもしれません。

 

┏………………………………………………┓
 ブルーデイ2~3日目:経血量●●●●●
┗………………………………………………┛

昼は23.5cm 多い日用(左)を、
就寝時のみ29cm 特に多い日用(右)を使用。
いずれも羽つきです。

出典:sisiFILLE公式

出典:sisiFILLE公式

実は今回、いつもなら日中は3時間以内に
取り替えるところを、
うっかり仕事が立て込んでしまい、
5時間近く替えられない事態に。

にもかかわらず、
この時期の最大の悩みである
ムレ感やニオイがまったく気にならず!

シシフィーユを試してみて、
これが一番衝撃的だったことかもしれません。

ひとつ気になったのが、就寝時に使った
特に多い日用の長さ。
シシフィーユにはいわゆる「夜用」がないので
必然的にこちらの選択になったわけですが、
寝ているときの29cmは、やはりサイズ的に心もとない。

ちなみに、
私がこれまで使用していた夜用の長さは、40cm。
シシフィーユの「特に多い日用」と比較すると、
その差は歴然です(当たり前ですが)。

 

個人差にもよりますが、
私はどうしても不安だったため、
夜のみ『Natracare(ナトラケア)』のタンポンを
併用して過ごしました。

ちなみにこちらも、オーガニックコットン製です。

出典:instagram

個人的には、せめて
35cm以上あると安心なのになぁ、なんて思ったり…。
あくまで夜用ではないので仕方ないのですが、
サイズ展開の幅は、今後に期待したいところです。

 

┏………………………………………………┓
 ブルーデイ6日目(最終日):経血量●○○○○
┗………………………………………………┛

終わり間近になっても、
ムレやかぶれ、ニオイが気にならないというのは、
やはりかなり大きい。
それだけで、生理中のストレスも半減です。

この日は、大丈夫かな?という頃合いをみて
パンティーライナーを使ってみました。

出典:sisiFILLE公式

出典:sisiFILLE公式

肌あたりや厚みは、一般的なそれとほぼ変わらず、
吸収力もばっちりでした。

ただ一点、大きく違ったのは、トップシートの色味。

 

一切の漂白をほどこしていない生成り仕上げなので、
コットン本来の風合いが活きている印象でした。

この徹底っぷり、毎日使う派の私としては、嬉しいかぎりです。

出典:weheartit

医薬部外品である生理用品は
薬事法上、漂白して販売することが
義務付けられているそう。

(一方、パンティーライナーは雑貨扱いのため
無漂白での販売が可能なんだとか…)

そのため多くのナプキンには、
焼却時にダイオキシンを発生させる
塩素系漂白剤が使われますが、
シシフィーユはそんな規定の中でも、なるべく
環境負荷の少ない、酸素系漂白という方法を採用。

そして吸収体には
森林認証(PEFC・SFI)された木材パルプを。
一般的な石油化合物の
高分子ポリマーは使用していません

だからかは分かりませんが、
たしかに使用中、
ホッと安らぐような感覚を覚えたのは事実。

出典:weheartit

使う人の中には「カラダが冷えなかった」、
「温かさを感じた」という声もあるようですが、
私はこの安心感こそが、気持ちの余裕や
充実感をもたらしてくれた気がしています。

出典:weheartit

有害性のある化学物質が皮膚から吸収されるという
いわゆる「経皮毒」の考え方については、
その真偽も含め、さまざまな意見があるよう。

ケミカル素材のナプキンが
先々のカラダにどんな影響を及ぼすのかは未知ですが
今のカラダが感じる、たしかな心地よさは絶対

この感覚に耳をすますと、
自分にとって本当に必要なものが見えてきます。

布ナプキンより手軽で
でもしっかり安心できる、シシフィーユ。
私の新しい必需品になりました。

気になった方は、こちらをCHECK!

気になった方は、こちらをCHECK!