年末年始のイベントシーズンも落ち着き、「今年こそ節約するぞ!」と意気込む人も多いのでは?今回は、生活費で一番節約しやすいと言われている食費を節約するコツをご紹介します。

収入の15~20%の範囲内でやりくりできている?

なにかと出費がかさむ年末年始が終わり、そろそろ無駄な出費を抑えて節約をしていきたいという人も多いのではないでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

hachi_kakeiさん(@hachi_720)がシェアした投稿

生活費を節約するうえで、一番トライしやすいのが「食費」の節約。食費は家計の収入から15~20%の範囲内でやりくりするといいと言われています。収入が20万円なら3〜4万円、30万円なら4.5〜6万円。


みなさまの家計のバランスはいかがですか?今回は、簡単にはじめられる食費の節約術についてご紹介します。

料理のレパートリーを増やそう

食費がかさむ外食は減らすのが一番の理想です。ただ、仕事で疲れていたりすると自炊をする気分にもなれない時がありますよね。

 

View this post on Instagram

 

Ryogoさん(@binanpasta)がシェアした投稿

そんな時は、外食ではなくスーパーのお惣菜や半調理済みの食品に頼りましょう。そうすることで、少しは気持ちも楽になりますよ。忙しい時はご飯ものやお味噌汁だけ作るのでもOK。簡単に作れる料理のレパートリーも増やしていくといいですね。

買い物は1週間に1~2回まで

ちょこちょこと毎日スーパーに寄るのは、思わぬ出費につながります。1週間分の食材をまとめて買うようにしましょう。

 

View this post on Instagram

 

@111_kanaがシェアした投稿

このとき、あるものをベースに献立を決めるのも節約のポイント。足りないから買うという習慣をなくせば、無駄使いも防げていつの間にか料理上手に近づいていますよ。

時短にもなって一石二鳥!

安売りの食材はつい、多めに買っておきたくなりますよね。お買い得食材は、保存できるものだけ買うようにしましょう。

 

View this post on Instagram

 

chi___koooo**さん(@chi___koooo)がシェアした投稿

冷凍保存や下味保存をすれば、多めに買った食材も上手に使えます。傷む前にとりかかるのがポイント。作る時の時短にもつながるので、忙しい女性におすすめです。

リメイクしやすいものをチョイス

節約重視の作り置きなら、リメイクしやすいメニューを選ぶといいですよ。

 

View this post on Instagram

 

えんがわさん(@engawa.ig)がシェアした投稿

野菜たっぷりのラタトゥユは、パスタやカレー、オムライスのソースに。家庭料理の定番、肉じゃがはコロッケやグラタンに早変わり!基本的な味付けも済んでいるので、最後まで美味しくいただけます。

お肉は「鶏・豚」が基本

使う頻度の高いお肉もコスパのいいものに変更すれば、満足感を保ちつつも食費をぐっと抑えることができます。

 

View this post on Instagram

 

mayumi✻さん(@__ma_ha)がシェアした投稿

鶏肉なら胸肉やささみ、ひき肉。豚肉ならこま切れやひき肉がお得ですよ。お肉はスーパーによって特売をしている日があるので、事前にチェックしておくといいですね。

厚揚げ豆腐・きのこ類でカサ増しに♡

豆腐類・きのこ類は、ヘルシーでいつも安定した価格なので主婦の味方です。

 

View this post on Instagram

 

Mikaさん(@_crea_sea)がシェアした投稿

煮込み料理や、炒め料理にプラスするだけで、ボリューム満点になりますよ。特に、厚揚げ豆腐は味がしっかりと絡みお肉の量も減らすことができるので、積極的に取り入れてみてくださいね。

栄養満点の乾物もおすすめ

野菜が高騰している時は、ひじきや切り干し大根などの乾物を取り入れてみましょう。

 

View this post on Instagram

 

MAYAさん(@heavydrinker)がシェアした投稿

大量に作って冷凍しておけば、おかずが足りない!なんて時に1品プラスすることができます。栄養満点でお弁当にも最適ですよ。

 

View this post on Instagram

 

Masaki Higuchiさん(@higuccini)がシェアした投稿

食費節約は、1日1日の積み重ねがとっても大切。まずは1ヶ月1万円を目安に節約してみましょう。1年間で12万円貯まると思えば頑張れそうですよね♡