お守りって捨てにくいですよね。変に処分すると、バチが当たる気がして…。だからこそ、神様に失礼のない、正しい処分方法を知ることが大切なんです!今回は、いつの間にかためてしまったお守りを返納してきました!

自分で買ったり、いただいたりするお守り。
ここで、基本知識をおさらい!

■お守りを処分するタイミングは?

お守りにも、ご利益がある有効期限があり、
多くは1年と言われています。

また、安産祈願や合格祈願などのお守りは、
1年経っていなくても、
願いがかなった後にお返しするもの。

■お守りは必ず処分しなきゃいけない?

1年後には、感謝を込めて処分するのが通例。
しかし、どうしてもとっておきたいお守りや、
思い出のお守りであれば、
無理に処分する必要はないとされています。

そういう場合は、そのお守りの神社やお寺に、
お礼としてお賽銭を入れるとなお良いそうです◎!

恥ずかしながら、
昔からお守りをどう処分したらいいかわからず、
でも、無下に捨てることはできず、
いつの間にか、こんなにたまっていました。

他の神社やお寺のお守りも処分してくれる
寺社もありますが、まずお守りは、
神社のものは神社に、お寺のものはお寺に、
お返ししなくてはなりません。

▼神社
お守りの裏に「~大社」「~神宮」と
書かれているもの

▼お寺
お守りの裏に「~寺」「~寺院」と
書かれているもの

宗派の違うお寺に返さないようにしましょう。
違うものを神様にお返しするのは
大変な失礼に当たります。

お守りを返す場所は、神社やお寺にある
古札収所、古札受付などと書かれたところです。
ここに納めると、
神職や僧侶がお焚き上げしてくれます。


▼郵送(遠方の場合)
旅先や引っ越す前の家の近所で買ったお守りは、
郵送で処分できる場合もあります。

封筒に「お炊き上げ希望」と書いて
お守りを送れば、
他のものと一緒にお炊き上げをしてくれます。

料金はかからず、一年中受け付けています。

※神社やお寺によって受け付けない所もあるので
 事前に確認を取ってから送りましょう。


▼自宅で焼却
花火ができる程度の広いお庭があれば、
自宅でお守りを焼却できます。

お守りを直に火の中に入れるのではなく、
ひとつまみの塩と一緒に半紙にくるみ、
お守りに感謝の気持ちを言うようにしましょう。

※この場合、バケツに水をくんでおくなどして、
 火事にならないよう気をつけましょう。


▼可燃ごみに
正しくお清めを行えば、
お守りを可燃ごみとして捨てることができます。

半紙などの白い紙を広げ、紙の上にお守りを置き、
左にひとつまみ→右にひとつまみ→左にひとつまみ
の順番で塩をかけます。

そして最後に白い紙でお守りを包み、
燃えるごみとして処分します。


▼どんど焼き
お正月のしめ縄やお飾り、
書初めなどを燃やす行事です。
持ち寄ったものを山にして燃やすことで、
お正月様、歳神様を天にお送りします。

場所によっては、
お守りやダルマなども受け付けています。

当日参加できない人のために、
数日前から境内お納め所を作っている所も。

※ビニールやプラスチック類で外せるものは
 すべて外して持っていきましょう。

①初詣のときに

年の初めに初詣に行く方は多いですよね。
初詣のときに、古いお守りを返納し、
新しいお守りをお迎えする……をくり返せば、
古いお守りがたまってしまうこともありません。

私が行ってきたのは、ほぼ毎年行っている、
静岡県袋井市にある「厄除観音 法多山 尊永寺」。

お寺なので、お寺のお守りをお返ししました。

寺社によってさまざまですが、
「古札お納め所」
「古神札納所」
「古神符納所」
「古いお札・お守り納め所」
などと書かれている場所に返納します。

「法多山」では、
本堂に向かって歩いている最中にも、
看板で案内してくれていました。

本堂付近でも、しっかり案内してくれていました。
どうして今まで、初詣はちゃんと行っていたのに、
「納め場所」には見向きもしなかったのか…
と、つくづく思いました。

いよいよです!

本堂前やおみくじ、お守りを買うところは
大行列でしたが、ここは混んでいなくて、
ノンストレスで思いのほかあっさりと返納完了!

返納所におさい銭箱がある場合は、
お守りと同等の金額を入れて、
神仏のご加護に感謝しながらお返しするのが
一般的とされています。

返納されたものは、
まとめてお炊き上げしてくれます。

お寺のお守り4個は返納できましたが、
私にはお返ししたいお守り(神社)が
まだ7個もあります。

なので、どんど焼きに行ってみようと思います!

②どんど焼き

前途の通り、どんど焼きとは、
お正月のしめ縄やお飾り、
書初めなどを燃やす行事です。
持ち寄ったものを山にして燃やすことで、
お正月様、歳神様を天にお送りします。

地域によっていつ行うか、
何を燃やせるかは異なるので、
ホームページなどで事前に確認しておきましょう。

■どんど焼きで燃やすもの(例)
・正月飾り(門松、松飾り、注連縄)
・お守り
・破魔矢
・お札
・だるま
・書初め
・人形
・ご祝儀等でもらう熨斗袋

■どんど焼きが行われる日
一般的には、
1月の第2日曜日か月曜日に行われています。

▼花園神社(東京都新宿区)
 平成31年1月8日(火)13:00~
 ※湯の花神事と呼ばれています。

CHECK

CHECK

▼鳥越神社(東京都台東区)
 平成31年1月8日(火)13:00~

CHECK

CHECK

▼多摩川河川敷(東京都世田谷区)
 平成31年1月13日(日)10:30~

CHECK

CHECK

▼六郷どんど焼き(東京都大田区)
 平成31年1月13日(日)12:00~

CHECK

CHECK

都内で行われる主などんど焼きは上記の通りです。
他にも、最寄の神社がどんど焼きを行っているか、
ぜひ調べてみてください♪

当日参加できない人のために、
数日前から境内にお納め所を作っている所も!

どうしていいかわからず、捨てれずに、
ただためてしまったお守りたち。

どんな方法で処分するにせよ、
大切なのは感謝の気持ちです!

お願い事が叶っても叶わなくても、
ありがとうの感謝の気持ちは忘れずに♪