朝食やお弁当のおかずに欠かせない、たまご料理。目玉焼きやスクランブルエッグ、たまご焼きなど、決して難しいメニューではありません。でも、忙しい朝は少しでもラクしたいところ。『オクソー』の「エッグクッカー」なら、時短&超簡単&失敗なしで、たまご料理を作れますよ♪

冷蔵庫にある率は高いであろう、たまご。

朝食やお弁当のおかずなど、
あと一品!やトッピングに!
というときに、たまごは重宝しますよね。

難しくないし、私にもできます。

だ・け・ど!!

少しでもラクしたいし、
時間も手間もかけたくない!というのが本音。

なので、私は買っちゃいました!
『オクソー』の「エッグクッカー」。

目玉焼きやスクランブルエッグ、たまご焼きなど、
定番たまごメニューを超時短で作れる、
アメリカ生まれのキッチンツール。

普通のたまご料理のしかたと比べると、
コレはもう、メリットだらけ!!

【1】電子レンジでチンするだけ

火を使わないので、
ずっとコンロの前に立っている必要がなく、
目を離しても大丈夫!

些細なことだけど、忙しい朝には
とってもありがたいことですよね♪

【2】洗い物が減る

フライパン?たまごを混ぜるボール?
いいえ!!必要なのは、
「エッグクッカー」本体とお箸だけ!

明らかに洗い物が減るので、
たまご料理のハードルがさらに下がります♪

【3】使いやすいシンプル設計

無駄のない設計なので、洗いやすさも◎!

下部の赤いトレイ部分は取り外せるので、
アツアツのたまご料理をお皿やパンの上に
スムーズに移すことができます♪

【4】作れる料理は3種類!

コレひとつで、
目玉焼き・スクランブルエッグ・たまご焼き
を作ることができます!

材料をちょっとアレンジすれば、
さらにレパートリーが広がりますよ♪

【5】コスパも文句なし!

こんなに便利なのに、¥1,080(税込)!
全然ダメじゃないけど、
ダメ元でも手に取りやすい価格です♪


実際に使ってみると、
その使い勝手の良さと、
できあがる料理のクオリティーの高さに
きっとビックリします!!

普通に目玉焼きを作ろうと思うと、
これだけのツールが必要になります。

でも、「エッグクッカー」を使えば、
必要なのは、本体だけ!

①本体に油を適量入れ、
 全体に広がるようにぐるっと回します

②たまごを割り入れます

③フタをして、レンジで1分程加熱します

④取り出すと、もう完成!

⑤本体上部を外し、赤いトレイ部分を持てば、
 盛り付けもスムーズ!

今回は600Wで1分加熱しましたが、
もうちょっと柔らかくてもよかったかな~
という印象でした。

次は500Wで1分とか、600Wで50秒とかに
してみようかな♪

本体の底面はややくぼんでいるため、
黄身がちゃんと中央にくるのもうれしい!

普通にスクランブルエッグを作ろうと思うと、
これだけのツールが必要になります。

でも、「エッグクッカー」なら、
必要なのは、本体とお箸だけ!

①本体に油を適量入れ、
 全体に広がるようにぐるっと回します

②たまご1個、牛乳または水、塩や胡椒を加え、
 本体の中で混ぜます

③フタをして、レンジで1分程加熱します

④取り出すと、半熟たまご状態なので、
 程よくかき混ぜて完成!

⑤本体上部を外し、赤いトレイ部分を持てば、
 盛り付けもスムーズ!

たまご1個の場合はレンジで1分程、
2個の場合は2分程加熱しましょう♪

普通にたまご焼きを作ろうと思うと、
これだけのツールが必要になります。

でも、「エッグクッカー」なら、
必要なのは、本体とお箸だけ!

①本体に油を適量入れ、
 全体に広がるようにぐるっと回します

②たまご1個、牛乳または水、塩や胡椒を加え、
 本体の中で混ぜます

③フタをして、レンジで1分程加熱します

④取り出すと、もう完成!

⑤本体上部を外し、赤いトレイ部分を持てば、
 盛り付けもスムーズ!

今回は、600Wで1分30秒加熱しました。
時間を微調整しながら、お好みのかたさを
見つけてくださいね!

サンドウィッチに挟んでもいいし、
だし汁を入れたり、刻んだ野菜を入れたり、
アレンジしがいがありそう♪

家事・育児・仕事……
何かと忙しい、私たち女子。

ラクできるところは、
積極的に手を抜いていいと思うんです!

むしろ、この「エッグクッカー」のおかげで、
よりたまご料理が簡単になり、
朝食メニューが充実した気がします!

コレは、買って損ありません♪

詳しくはこちら

詳しくはこちら