油を使わずに揚げ物が作れる『récolte(レコルト)』のエアーオーブンで、カロリーオフ生活を。便利なオプションパーツ&レシピブックもご紹介♪

2021年になりましたね。

いつもとは違うお正月。
皆さんはどう過ごしましたか?

私の場合はひたすら寝正月。
食べて、寝る。寝て、食べる。
とても贅沢ですね。

今年は美味しいと評判の
おせちを用意。箸が進みます。

なんて至福の時間は、
あっという間に終わるもの。

残されたのは、そう、お腹のお肉。
毎年この時季に思うことは1つ。

「今年こそ痩せよう」

エアーオーブンってすごい!

そもそも外出の機会が減って、
運動不足なのは自覚あり。

反して、
自炊する時間は増えたものだから、
食べる機会は増えてるわけで…

悪循環をなんとかしようと、
私が去年から愛用しているのが、
油を使わずに揚げ物が作れる
レコルトの「エアーオーブン」。

揚げ物って油をたっぷり使うからこそ
美味しいんでしょ?と思ってた私ですが、
実際に使ってみてビックリ!

味も、食感も、ちゃんと“揚げ物”。

むしろ余分な油分が残らないから、
素材の味がより濃厚に感じられます。

メーカーさんのレシピによると、
ビーフピカタ(2人分)の場合、
油で揚げたときに比べてカロリーが
なんと【-910kcal】なのだとか!!!

ヘルシーなのに美味しいって。
最高じゃないですか?

自炊生活の頼もしい味方♪

でも、エアオーブンって必要?
揚げ物って毎日食べないよね?

そう思いますよね。
私もそう思ってました。

油で揚げない揚げ物のイメージが
強いエアーオーブンですが、
実際は色々使えて便利。

1つは、温め直し機能。

買ってきた天ぷらやコロッケが、
まるでできたてのような食感に!

レンジだとどうしてもサクッとした
食感にはならないので重宝してます。

2つめは、オーブン機能。

ローストビーフやマフィンなんかも
簡単に作れてしまいます。

もちろん、お手入れもラクラク♪

バスケットと内アミは丸洗いが可能。
揚げ物を面倒だと思う一番の要因、
“油の処理”が不要なので、
誰でも手軽に揚げ物料理に挑戦できます!

ほぼA4サイズに収まる
コンパクトさもいいですね!

オプションパーツで料理の幅が広がる

これだけでもかなり使えるのに、
オプションパーツを使えば
さらに料理の幅が広がります!

昨年発売されたばかりの
2つのオプションパーツは、
すでにエアーオーブンを持っている人
にも注目して欲しいアイテムです。

1:「2ウェイラック」

エアーオーブンの中を
上下に区切ることができるラック。

さらに、5本の串付き。

焼き鳥やトルネードポテトなど、
コンロでは作りにくい料理も
簡単にできちゃいます♪

「2ウェイラック」を使えば、
一気に2倍の量が作れるし、
上下で異なる料理を作ってもいい。

お弁当作りにも活躍してくれます♪

2:「インナーポット」

ハンドル付きのポットを
バスケットにそのままIN。

これがすごく便利!!
煮物やグラタンなど。
一般的なエアーオーブンでは
作れない汁気のあるものまで
簡単に作れてしまいます。

焼き型としても使えるので、
ケーキやパンづくりにも活躍。

流行の台湾カステラなんかも
手軽に作れますよ♪

私としては、
コンロが埋まってるときに、
サクッと1品作れるのがうれしい。

鍋のようにずっと火加減を見ている、
なんて必要もないから、
他のことをしながらでもOKです。

迷ったときはレシピブック!

レコルトの家電を私が好きな理由…

それは、レシピが付いてること。

レシピ数はそれぞれ違うけれど、
たとえは1,2個でもレシピがあれば、
「こんなのが作れるんだ!」って、
参考になりますよね。
しかも、写真も綺麗なんです!

そんな『レコルト』が贈る、
エアーオーブン専用レシピブック。

1:「ベーシックレシピ」

“がんばらなくてもおいしくできる”
をテーマにした32レシピを掲載。

フードスタイリストとして活躍する
木村遥さん考案のオリジナルレシピは、
手に入りやすい食材だけで作れるから、
初心者さんにもおすすめです!

2:「ブレッドレシピ」

様々なメディアで活躍する
パン講師・料理家の吉永麻衣子さん
が監修する25レシピを掲載。

パンやフォカッチャ、
スコーンなど種類も豊富。
いつでも焼き立てを味わえます♪

正月太りはささっと解消!

付いてしまったお肉を
1年間ずっと抱え込むよりは、
なるべく冬の間に落としたい。

今年は「エアーオーブン」で、
ヘルシー料理に挑戦してみては?

▼今回紹介したアイテムはこちら▼